Neos Wiki:環境への影響と持続可能性

From Neos Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Neos Wiki:Environmental Impact and Sustainability and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語 • ‎한국어

要約

  • リアルタイムのVRコラボレーションプラットフォームを構築することで、自宅で作業する仮想チームを世界中に構築し、自分のチームだけでなく他のチームの日常の通勤や従来のオフィスからの環境への影響を大幅に削減しました。
  • 大規模なメタバーステクノロジーは、人類の持続可能な未来のためのソリューションの重要な部分である可能性があります。
  • Neosは、プロジェクトのビジョンと目標を変更する可能性のある大企業を管理する必要なしに、暗号通貨を使用して初期のサポーターに還元し、開発に資金を提供します。
  • Neos Credits(NCR)はマイニングされませんが、代わりに金銭的価値で鋳造されます。これは、Patreonを介して、またはイーサリアムをミンティングアドレスに送信することによってバッチが進行します。
  • 現在、NFTはサポートされておらず、環境に優しいブロックチェーンやその他の分散型プラットフォームでの統合のみを検討しています。
  • Neosは、独自のオフチェーンのゲーム内トランザクションシステムを実装しています。これは、Proof of Workブロックチェーンよりもはるかに効率が高く、環境への影響を最小限に抑えます。
  • 過去2年間のICOの環境への総影響はCO2約4トンです。イベントまたは従来の投資会議のためのヨーロッパから米国への1回のフライトでは、2人の乗客(または帰りの旅行を考慮した場合は1人の乗客)だけで5〜6CO2トンが生成されます。

Neosと暗号通貨

なぜNeos Metaverseで暗号技術を使うことにしたのか、という疑問があるでしょう。その理由を説明するには、少し背景を説明する必要があります。私とカレル(Neos社の共同設立者)は、2012年にOculus RiftのKickstarterに参加しました。

ストーリーや経験を共有したり、教育、トレーニング、その他の日常生活の多くの分野を改善したりすることになると、世界を変革するテクノロジーとしての可能性を見ました。 私たちは初期の頃からこれらの目標に貢献するために懸命に取り組んでおり、VRを宣伝し、アプリやデモを作成して、SightLine TheChairや教育プロジェクトWorld Of Comeniusのような物語の経験を通じて、技術が何をできるかを人々に紹介しています。

Oculus Riftは、VR開発者コミュニティに情熱を注ぐ人々でいっぱいの会社のようで、VRの将来について同じ目標とビジョンの多くを共有していると感じました。

しかし、FacebookがOculusを買収した後、私たちはそのすべてがゆっくりと変化するのを見ました。 VRテクノロジーは、時間の経過とともに壁に囲まれた庭になり、開発者のコミュニケーションは壁に囲まれ始めます。 私たちや他の多くの開発者は、初期の頃にOculusを支援するために費やした時間とお金にもかかわらず、貧乏くじを引くことになってしまうでしょう。

Neosを開発するにあたり、このプロジェクトを軌道に乗せるためには、コミュニティからの膨大な支援が必要であることはわかっていましたが、そのような事態は避けたかったのです。従来の資金を確保するために会社の所有権を売却してしまうと、私たち自身のNeosに対する目標とオーナーの目標が一致しなくなる時が来るかもしれません。

私たちは、Neosが株主に押されて、利益を最大化するためにユーザーのデータをマネタイズするようになり、クリエイターに優しくなくなるのではないかと懸念しました。

このトークンがあれば、大規模な商業化をせずに開発資金を調達することができます。同時に、初期の支援者やコミュニティに何かを保持してもらうことができ、Neosが成長してプロジェクトを継続するための自然な経済に移行するにつれて価値が上昇するはずです。

今回のICOでは、優秀なクリエイターや支援者にCDFT(Community Developer Fund Tokens)を付与し、25回目のバッチごとにNCRに変換することで、初期のクリエイターにも報酬を与えるように設計されています。

コミュニティがあるからこそ、Neosは単なるコードの山ではなく、生き生きとした空間になるのです。私たちは、成長を助けてくれる皆さんと成長を共有したいと考えています。従来の資金調達では、株主やクリエイターの目標とコミュニティの目標が時間とともに乖離してしまうことがありましたが、暗号を使えば、それを直接コミュニティの手に委ねることができます。

プロジェクトの資金を調達するためには、コミュニティのすべての人がうまくいっていることを確認する必要があります。クリエイターは優れたツールを手に入れ、素晴らしい作品を作って生計を立てることができ、ユーザーは滞在を楽しみ、より多くのコンテンツを購入することができます。これが機能的な経済であり、クリエイティブなユーザー、プロフェッショナルなユーザー、そしてカジュアルなユーザーのために、Neosが継続的に前進し、向上し続けることができるのです。

技術を先に作る

他の多くの暗号化プロジェクトとは異なり、私たちはNeosで異なるアプローチを取りました。最初のシード投資と無駄のない質素な生活のおかげで、NCRが関わってくるずっと前から、最初の数年間は技術のコア部分の構築に費やしました。

多くの暗号通貨プロジェクトが、プロジェクトを裏付ける既存の技術を持たずに、純粋に約束や主張だけで資金を調達しているのを目にしましたが、それは私たちがNeosを構築する方法ではありません。その代わりに、私たちはまず技術を構築し、それを誰にでも無料でオープンにすることにしました。そうすれば、暗号通貨を使わなくても、Neosの機能をチェックして使うことができます。暗号通貨を使わなくても、プラットフォームの機能が隠されることはありません。

創造性と表現の自由はNeosの核心であり、優れたツールとリアルタイムのコラボレーションを提供することが常に最優先されるべきだと考えています。

私たちは主にプラットフォーム自体を優先しており、強制的に組み込むのではなく、プラットフォームの自然な成長のために最も意味のある場所やタイミングで暗号通貨を組み込むのです。

メタバースの強固な技術的基盤を持つことは、その長期的な持続可能性にとって非常に重要であり、暗号通貨は、それ自体が主な焦点ではなく、その技術を強化およびサポートするために使用されるべきです。

追加の利点として、テクノロジーの一部が成熟するまで待ってから、それを完全に受け入れることもできます。 イーサリアムを選んだのは、環境にやさしいProof of Stake(PoS)への道を進んでおり、ビットコイン(技術的に停滞しており、環境廃棄物の大きな発生源であり続ける可能性が高い)に次ぐ2番目に大きな暗号通貨であるためです。

イーサリアム2.0や同様の品質を持つ他のソリューションが利用可能になれば、私たちはそれをより完全に受け入れることができるでしょうが、その間は独自のツールを作り続け、コミュニティのコンテンツやプラットフォーム全体を並行して成長させることができます。

Neosが現在NFTをサポートしていない理由

NFTは、私たちが注目し、議論している技術ではありますが、現在のところ積極的にサポートするものではありません。これにはいくつかの理由がありますが、そのうちの1つは、上述したように、Neosにとって最も意味のある時点で技術を導入するということです。

ロードマップにある主要な追加機能の1つは、マーケットプレイスと、アイテムやアセットの作成や所有権を追跡するためのネイティブなライセンス/オブジェクトIDシステムです。これらのためのネイティブシステムを構築することで、非常に効率的で使いやすい方法で、Neoの他のインフラとうまく噛み合った形で行うことができます。

NFTでは、プルーフ・オブ・ワーク(proof-of-work)システムを使用しているため、効率性は現在のところ大きな懸念事項の1つであり、私たちが共有しているものでもあります。しかし、テクノロジーは時間とともに発展し、改善されていくものなので、現在の計画では、環境に優しい方法でそれが可能になれば、ネイティブシステムからブロックチェーンに所有権をエクスポートおよびインポートする方法として、何らかの形でNFTを統合する予定です。

また、NFTの資産は簡単にコピーできてしまうという懸念もあります。しかし、どんなものでも努力次第でコピーできます。私たちは、NFTを所有権の証明と考えています。例えば、Steamでゲームを購入するのと同じように、仮想商品の合法的な「販売」の記録を残す方法です。

現段階でNFTを採用していないのは、NFTの環境への影響が大きいからであり、Neosのベースとして環境に優しい独自のライセンス/オーナーシップシステムに取り組んでいるのはそのためです。

しかし、私たちは、デジタル商品の所有権の概念や、アーティストやクリエイターが、自分たちのハードワークがどのような条件でどのように配信されるかをある程度コントロールできることを肯定的にとらえています。

私たちは、人々が自分の作品を自由に公開したり、有料のモデルなどを使用することを奨励しています。それによって作品がより身近なものになりますが、それは彼らの選択であって、強制されたものではありません。

環境への影響の最小化

proof of workブロックチェーンシステムは、取引を処理するために電力を消費するため、環境への影響があることは否めません。これを最小限に抑えるために、ゲーム内の送金や取引には、通常の銀行取引と同様に、大幅に効率の良い独自の内部台帳を実装しています(送金手数料がかからないのは言うまでもありません)。

このハイブリッドなアプローチのおかげで、ブロックチェーンは現在、大規模な一括取引に主に使用されており、私たちのICOの環境への影響はかなり低いものとなっています。この試算によると、これまでのICOの影響は、2年以上の期間を経て、約4トンのCO2を排出したことになります。 https://carbon.fyi/?contract=0x7CCBac6D333838608be0c40E124381016F4c81Fc

このウェブサイトでは、日々の活動による典型的なカーボンフットプリントと比較して、この数値を確認することができます。要するに、一般的な家庭が1年間に使用する量よりも少ないので、私たちの実際の影響は比較的小さいと言えます。https://www.nature.org/en-us/get-involved/how-to-help/carbon-footprint-calculator/

通勤を避けるために - バーチャルチーム

環境への影響を語る際に忘れられがちなのが、二酸化炭素排出量の原因となる他の要素です。

ICOと独立のおかげで、私たちは世界中にバーチャルチームを作ることができ、COVID19が始まるずっと前から、約4~5年前から自宅で仕事をしています。私たちはオフィスに通うのではなく、オフィスを持たないことで、直接・間接のエネルギー使用量をさらに削減しています。

そして重要なのは、投資先を探したり、さまざまな技術イベントに直接参加したりして、アメリカを往復する定期便を行わないことです。飛行機の旅は、最も大きな汚染源のひとつです。プラハからサンフランシスコまでのフライトを2人で利用した場合の大まかな影響は、こちらのサイトを参考にすると5トン以上のCO2になります。https://calculator.carbonfootprint.com/calculator.aspx?tab=3

これは、1回の旅行でICOの2年間の総額よりも多くかかります。通常は1年間に何度も旅行をしなければなりませんでした。このまま従来の投資方法を続けていたら、いずれ独立性が失われるだけでなく、環境への影響も今より大きくなってしまうでしょう。

VRで環境にやさしい未来をつくる

VRで環境に優しい未来をつくる 毎日の通勤時間を短縮することは、私たちがNeosをこのように構築し、リアルタイムのコラボレーションとアバターの表現力に重点を置いてきた理由の一つです。私たちは毎日何時間もNeos Metaverseでのコラボレーションやプロジェクトの構築に費やしていますし、コミュニティの他の多くの人々も同様です。

例えば、世界各地で活動する複数のワールドビルダーとアクターで構成されるMetamovieプロジェクトや、VRを使ったトレーニングアプリケーションの構築やカンファレンスの運営を行うSydney Human Factor Researchなどがあります。

これにより、移動の必要性が減るだけでなく、教育やトレーニングの場合は、トレーニングの多くをバーチャルな小道具で行い、本物の小道具では数回しか実行しないことで、無駄を大幅に減らすことができます。もっと詳しくお知りになりたい方は、以下のビデオをご覧ください。

https://youtu.be/QWDIid5oh4o?t=4204 https://www.youtube.com/watch?v=lFV9kxpDN3s

私たちは、VRでリアルタイムのコラボレーションを可能にし、非常にパワフルであると同時に、より多くの自己表現を可能にすることで、将来、より多くの人々が自宅で仕事をし、二酸化炭素の排出量や廃棄物を減らすことができると信じています。同様に、VRを利用したイベントや展示会、会議や行事を開催することで、遠隔地に出向く必要のある人の数を減らすことができます。

そのため、これらの目標を達成するために暗号通貨を使用することが最善の方法であり、特にすべてのソースを考慮した場合、全体的な環境への影響が最も少ない方法であると考えています。私たちが構築している技術は、より環境に優しく、より効率的な未来を可能にすると信じています。

電気自動車や太陽光発電所を建設するとそれだけで環境に負荷がかかるように、ネオスメタバースの資金調達や建設も環境に負荷をかけますが、この技術によって節約された資源や排出物はそのコストを補って余りあるものです。

積極的に活動し、その活動の負荷を軽減する技術を推進することで、環境に優しくない方法を取り除くことができます。これは一般的なことですが、私たち全員の日々の活動が環境にどのような影響を与えているのか、そしてその影響を最小限に抑えるために何ができるのかを考えることが重要です。

地元でエコロジーに配慮して生産された食品を支持するのと同様に、仕事、娯楽、社交、イベントへの参加など、二酸化炭素を排出する活動をより良い方法で行う必要があります。私たちは、メタバース技術が、人類の持続可能な未来のためのソリューションの重要な一部になると信じています。