コマンドライン引数

From Neos Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Command Line Arguments and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎français • ‎日本語 • ‎한국어

NeosVRのデスクトップ版ではいくつかのコマンドがサポートされています。たいていのものはNeos Launcher の設定に使われます。

これらのコマンドライン引数は、スタンドアロンエクスペリエンスの設定に役立ちます。

特定のハードウェアを指定する

  • none - 自動
  • -SteamVR - SteamVR
  • -RiftTouch - Oculus Rift + Touch controllers
  • -Screen - Screen mode (限定的、デバック用)
  • -Screen360 - Screen mode (360度投影の)
  • -StaticCamera - カメラモードCamera Mode
  • -StaticCamera360 - 正距円筒図法360度0カメラモード
  • -MixedRealityCamera - Mixed Reality 描写のカメラモード
  • -LegacySteamVRInput - レガシーSteamVR入力処理を強制します。Oculus Questで使用される仮想デスクトップなど、手の骨格モデルが欠落しているか不良である一部のSteamVRデバイスの回避策として使用されます。
  • -ForceSRAnipal - Vive Pro Eyeが存在しない場合でも、SR Anipal SDKをHTCの目と唇の追跡用に強制的に初期化します。
  • -LegacyScreen - Neosを古いデスクトップモードである"デバッグモード"で強制的に実行します。

セッションへの参加/ワールドへの参加

  • -Join Auto - LAN上のアクティブなユーザがいる場所に入ります
  • -Join <URL or IP:Port> - URLの場所に入ります
  • -Open <URL> - 開始時に指定されたURLの場所に入ります。
  • -Scratchspace <port> - 指定されたポートで新しいスクラッチスペースワールドを開始します(レガシー、おそらく削除されます)
  • -AnnounceHomeOnLAN - ホームおよびユーティリティエクスペリエンスには、デフォルトでLANからアクセスできます
  • -Bootstrap <bootstrap class> - 指定された名前のクラスでカスタム bootstrap関数を実行します

ドローンカメラのプリセット

これらは、特定の移動プリセットを使用して、ドローンスクリプトで静的カメラを初期化します。

  • -CameraBiggestGroup
  • -CameraTimelapse
  • -CameraStayBehind
  • -CameraStayInFront

共通のアバタービルダー

  • -ForceNoVoice - 音声付きのアバターをセットアップしません(ローカルプレゼンテーションに便利)

その他

  • -Watchdog <file path> - 時刻を指定されたファイルに書き込みます。フリーズしたときに再起動するために使用できます。
  • -LoadAssembly <path> - 追加のCLRアセンブリをNeosプロセスに読み込みます
  • -Kiosk - Neosをキオスクモードで実行します(ロゴやワールドスイッチャーなどのUserspaceアイテムを非表示にし、デフォルトでゲストのテレポートを無効にします)
  • -NoUI - ユーザのUIを非表示にします。
  • -CubemapResolution <resolution> - 360正距円筒レンダリングがキューブマップにこの解像度を使用するように強制します
  • -ForceLANOnly - すべての世界はデフォルトでLANネットワーク上でのみアナウンスを強制され、インターネットからはアクセスできません
  • -DontAutoOpenCloudHome - 開始時にクラウドホームを自動的に読み込みません(手動で読み込むことができます)
  • -UseLocalCloud -ローカルクラウドAPIサーバーを使用-主にデバッグに使用
  • -DeleteUnsyncedCloudRecords - クラウドレコードの同期されていないコピーをデータベースから削除します。 警告:本当に必要な場合を除き、これを使用しないでください。非同期データが失われます。
  • -ForceSyncConflictingCloudRecords - 競合するクラウドレコードを強制的に同期させ、現在のクラウドバージョンを上書きします。 '警告:' 本当に必要な場合を除き、これを使用しないでください。クラウドデータは古いバージョンで上書きされる可能性があります。
  • -UseNeosCamera - ズームコントロール、プレビュー、その他の機能を備えたNeosカメラとして静的カメラを生成します。
  • -DataPath <file path> - 指定されたファイルパスになるように構成されたデータパスを使用してNeosを実行します。
  • -CachePath <file path> - 指定されたファイルパスになるように構成されたキャッシュパスを使用してNeosを実行します。
  • -ResetDash - ダッシュのレイアウトをデフォルト構成にリセットします。
  • -SkipIntroTutorial - チュートリアルが開始されないようにする。
  • -Invisible - ログイン時にオンラインステータスを強制的に非表示にします。
  • -Config <filename>-カスタムコンフィグファイルを指定します。
  • -BackgroundWorkers <number> - バックグラウンドワーカープロセスの数をオーバーライドします。警告:本当に必要な時以外は使用しないでください、壊れる可能性があります!
  • -PriorityWorkers <number> - 優先ワーカープロセスの数をオーバーライドします。警告:本当に必要でない限り、これを使用しないでください、壊れる可能性があります!

Neosカスタムプロトコルハンドラ

Neosは、インストール時にカスタムプロトコルハンドラーをコンピューターに登録します。これを使用して、Neosがクリックされたときに設定された場所または世界に開くリンクを作成できます。 これらの引数はNeosランチャーに与えられ、Neosが起動されて実行されていることを確認し、実行中のインスタンスに転送します。

  • neos:?world=<URL> -指定されたURLでワールドやセッションを開きます
    • 使用例 neos:?world=neosrec:///U-ProbablePrime/R-9ce872e1-ffb8-4194-bb91-3d3ab5f157a1 - でProbablePrimeのThe Directoryワールドを開きます。
    • セッションに対しては neos:?world=neos-session://eea1442e-0ff2-4d6a-ad16-2dac9ea786fcで eea1442e-0ff2-4d6a-ad16-2dac9ea786fc のセッションに入ります。

ワールドのURLにアクセスするには、ワールドオーブのインスペクターを開いてWorldOrbコンポーネントに移動するか、[セッション]メニューの[レコードURLのコピー]ボタンを使用します。

CopyRecordUrlButton.png


URLフィールドは、フィールドをダブルクリックして選択できます。 URLテキストは、Ctrl+Cを使用してWindowsクリップボードにコピーできます。

Unity スタンドアロン プレイヤー用のコマンド

特定の解像度やウィンドウモードにする際に便利です。 (Unity Standalone Player command line arguments

  • -screen-fullscreen 0 - ウィンドウモードで開く
  • -screen-fullscreen 1 - フルスクリーン
  • -screen-width - 水平解像度を設定
  • -screen-height - 垂直解像度を設定

例: -screen-fullscreen 0 -screen-width 1280 -screen-height 720 Neosを 1280x720 のウィンドウモードで開きます。

コマンドライン引数の使用方法

以下は、デフォルト以外のコマンドライン引数を使用してNeosを起動するための3つの方法です。 各例では、 -Invisibleコマンドと -CachePath <path>コマンドを組み合わせる方法を説明しています。 ここでの例は、D:\Temporary files\NeosCache\でデフォルト以外のキャッシュの場所を指定する方法を示しています。 使用するのに最適な方法の選択は、Neosを通常どのように起動するかによって異なります。 ほとんどのユーザーにとって、#Steamから起動で説明されているセットアップがおそらく最良の選択です。

Steamから起動

Steamクライアントで、[ライブラリ]タブ(インターフェイスの上部)に移動し、左側のリストで'Neos VR'の項目を見つけます。'Neos VR'の項目を右クリックしてコンテキストメニューを開き、'プロパティ'を左クリックします。 開いた小さなダイアログウィンドウ(画像を参照)で、左側の'一般'タブに移動します。'起動オプション'のテキストボックスに、-Invisible -CachePath "D:\Temporary files\NeosCache\"と入力します。

これで、NeosをSteam経由で起動した場合、カスタム起動コマンドが有効になります。 この方法で入力されたコマンドは、NeosがNeos Launcherを介して(Steamからの最初の起動を介してアクセスされた場合)や、Neos.exeを直接起動したり、それを対象としたショートカットなど他の方法で起動された場合は有効になりません。

Steam経由でカスタム起動オプションを設定する


Neosランチャーから起動

Neosランチャーには、Steam経由(Neosページの'プレイ'ボタンを押して'Launch Neos Launcher (offers advanced launch options)'を選択)またはNeosVRインストールフォルダーのNeosLauncher.exeをダブルクリックしてアクセスできます。 これにより、以下に示すようにNeosLauncherウィンドウが開きます。 コマンドライン引数を使用するには、'Use custom bootstrap class'オプションをオンにして、-Invisible -CachePath "D:\Temporary files\NeosCache\"をテキストボックスに入力する必要があります。

この方法で入力された起動引数は、NeosLauncherを使用してNeosを起動した場合にのみ有効になります。

NeosLauncherでカスタム起動オプションを設定する


カスタムショートカットから起動する

Neos.exeファイルをターゲットとするカスタムショートカットを介して起動コマンドを使用することができます。 ショートカットを作成するには、Neosインストールフォルダーを見つけて、Neos.exeを右クリックします。 コンテキストメニューで'ショートカットの作成'をクリックし、'Neos.exe-ショートカット'ファイルをより便利な場所(デスクトップなど)に移動します。 ショートカットファイルを右クリックし、コンテキストメニューの'プロパティ'をクリックします。 ダイアログウィンドウが開きます。 [ショートカット]タブを選択し、'リンク先'テキストボックスでNeos.exeファイルパスの後にスペースを追加してから、-Invisible -CachePath "D:\Temporary files\NeosCache\"を追加します。 [適用]と[OK]をクリックします。

これで、ショートカットをダブルクリックしてNeosを起動すると、カスタムオプションを使用して起動します。 Neosを起動するために別の方法が使用されている場合、これらは適用されないことに注意してください。

ショートカットでのカスタム起動オプションの設定